美しい海を眺めながらゆったりと時を過ごす、離島ならではの贅沢感を味わえる絶景穴場ビーチ「GIビーチ」

こんにちは、伊江島観光バス株式会社 Blog担当の藤川です。

 

沖縄本島北部・本部港から、フェリーで30分。

伊江島は、本部町の沖合に浮かび、
沖縄本島から気軽にアクセスできる離島として大人気です。

 

  • “レンタカーやタクシーを活用して、自分のペースで自由に、行きたい観光スポットを好きなだけ楽しむ!”
  • “路線バスでのんびりと。離島の雰囲気、地元の雰囲気を満喫!!”

 

様々な伊江島の楽しみ方があります。

 

伊江島観光バス株式会社のBlogでは、伊江島に来たらぜひ、見て欲しい観光スポットを
ご紹介しています!

 

今回は、伊江島の<絶景穴場>的なビーチ「GIビーチ」をご紹介します!

 

伊江島のビーチと聞くと「伊江ビーチ」を思い浮かべる方は少なくありません。

伊江島のビーチと聞くと、「伊江ビーチ」
思い浮かべる方が少なくありません。

 

「伊江ビーチ」は伊江島の南東に位置し、1㎞以上も続く美しい白浜と
青く透明の海が美しいことで有名です。

その美しい白浜に沿って立ち並ぶモクマオウの林の中に、
キャンプやバーベキュー、アスレチックやテニス、野球が楽しめる
スポーツ施設やトイレ、シャワー、売店がある「伊江村青少年旅行村」があり、
ご家族連れやカップル、グループ、団体で楽しめるビーチです。

 

今回は、そんな伊江島の<メインビーチ>的な存在の「伊江ビーチ」と同じく人気で、
伊江島の<絶景穴場>的なビーチ「GIビーチ」をご紹介します。

 

時間を忘れる離島ならではの贅沢感。自分だけの穴場ビーチにしたい!「GIビーチ」

 

「GIビーチ」は、伊江島の南部にあるビーチです。

施設が充実し、観光客で賑わう「伊江ビーチ」と異なり、
手つかずの自然が残る天然のビーチで、人影もまばら。

 

東西に100mほど続く真っ白な砂浜と青く美しい遠浅の海は、
賑わいや騒がしさとは無縁。

静かでゆったりとした、離島ならではの時間が流れていて、

 

 

 

美しい海を眺めながらプライベート感覚で、時を過ごす・・
そんな贅沢な時間を味わえるビーチです。

 

また、「GIビーチ」の名前の由来は、かつて伊江島に駐留する
米軍将校専用のビーチだったことから、その名がついたそうです。

 

「GIビーチ」には伊江ビーチのようなシャワー設備や売店や自動販売機、
クラゲ防止ネットや監視員などはありせんが、その分、天然ビーチならではの
素朴さを感じることができるでしょう。

 

 

 

入場料など必要なく、無料で利用できますが、
駐車場も数えるほどしか駐車できませんのでご注意ください。

 

「GIビーチ」に来たらぜひ、立ち寄って頂きたいパワースポット「ニャティヤ洞」

「GIビーチ」のすぐ近くには、持ち上げると子宝に恵まれる力石も有名で、
厳かで神秘的な伊江島のパワースポット!「ニャティヤ洞」があります。

 

ぜひ、「GIビーチ」と合わせてお立ち寄りください。

持ち上げると子宝に恵まれる力石も!「ニャティヤ洞(がま)」は、厳かで神秘的な伊江島のパワースポット!

 

「GIビーチ」への行き方

「GIビーチ」は、沖縄本部港からのフェリーが到着する伊江港から、
車で7、8分程度、自転車では20分程度で到着します。

 

行き方は伊江港から西へ。ニャティヤ洞の少し手前に「GIビーチ」に向かう
細い曲十字路があり、左に曲がるとビーチが広がっています。

 

また、伊江島は10月くらいだとまだまだ暑いですので「GIビーチ」に行くには、
行動範囲もグッと広がる快適なレンタカーがおススメです!
アクセス方法もアドバイスもさせていただきますのでお気軽にご相談ください。

 

Follow me!